頸椎椎間板ヘルニアやがんは早めに治療を!~元気な体を保つため~

予防と治療について

腰痛

骨肉腫の原因は未だハッキリとしていませんが、フッ素が体内に溜まることは発症確率を上げると言われています。フッ素をなるべく使わないような工夫を検討する余地があります。骨肉腫の治療方法は発達してきており、骨延長など体の負担がより少ない方法を取ることが可能です。

詳細を確認する...

がんは早期治療で治ります

医者

がんという病気は人体の色々な部位に発症します。特にお酒やタバコを吸う習慣のある人は要注意です。このような習慣は喉の粘膜を傷つけ、細胞ががん化する危険が多いので咽頭がんになりやすいのです。また、自分ががんになった場合のことを考えて、人気のある病院や医師を探しておくことも大事です。

詳細を確認する...

咽頭に発生するがん

医者

鼻の奥から食道までの器官である咽頭に発生するがんを咽頭がんと言います。咽頭がんは発症する部位により症状が大きく異なるのが特徴です。発症の主な原因が喫煙、飲酒、刺激の強い食事と言われています。予防として喫煙、飲酒は可能な限り控え、熱い辛いなどの刺激が強い食事はいくら好きだと言っても毎食は避けましょう。

詳細を確認する...

人気の理由と注意する点

人口構成と需要の関係

医者

首の外見的な働きは、頭を支える働きと、向きを変更する働きが主なものになります。いっぽうで、首には外見的な働きとは異なる目に見えない働きが、非常にたくさん存在しているのです。その目に見えない働きのうち、最たるものが神経系の働きになります。そうした首の神経系の働きと、密接な関係にある疾患で、発生頻度の高い疾患が頸椎椎間板ヘルニアです。この頸椎椎間板ヘルニアの対象年齢は、20台の若い世代でも発生しますが、中年以降で急速に増加します。現在の日本全体の人口構成は、中年以降の世代のほうが、若い世代よりも多いことが特徴です。したがって、頸椎椎間板ヘルニアの治療に対する需要が、今まさに比例して伸びていて、人気を集めているのです。

良い結果をもたらす注意点

そこで、頸椎椎間板ヘルニアの具体的な治療法について説明します。まず、麻痺の症状が強い物には、手術を行うことがあります。例えば、手の筋力や感覚が大きく低下したり、糞尿の調節が利かなくなるような場合が、これに相当します。したがって、上記のような症状に進行する場合には、早期に病院を受診することが必要です。そのような、麻痺症状の強いもの以外は、基本的に保存療法が中心的な役割を果たします。例えば、狭くなった椎間孔を広げたりストレッチの目的から、牽引療法が選択されることがあります。この治療法の注意点は、牽引する強さをあまり強くし過ぎないことです。これは、患部の炎症を助長したり、顎の関節や歯に影響が出る可能性があるからです。また、消炎鎮痛剤が用いられることもあります。この場合の注意点は、消化器系への負荷が大きいことで、短期間の使用を原則となるのです。頸椎椎間板ヘルニアは、以上のような治療の注意点を理解すると、良い結果をもたらすことになります。